手作りバッグの簡単な作り方を紹介します

幼稚園用のバッグは、大体A4サイズ程度に指定されているものが多いです。45cm×70cm程度の布、持ち手としてカバン用のアクリルテープ70cm程度の長さを用意し、半分に切り分けておくといいでしょう。底になる部分を折って、輪にして仕上げるため、縫い合わせる手間がありません。ただ、絵柄の上下があると、片面が反転してしまうので、選ぶ際に気をつけましょう。折り目をつける時には、その都度アイロンをかけると仕上がりが綺麗になります。まず、長い方の辺をジグザグ縫いにしてほつれ止めをします。中表に長い方を折り畳み、縫い代を1cmほど取って、バッグの両サイドを縫い合わせます。入れ口になる所を5cmほどの三つ折りにし、出来上がりの中央からそれぞれ6cmほどの場所に持ち手を挟み込んで、三つ折りの下側を縫い合わせます。更に持ち手を上部側に上げてから、もう一度、三つ折りの上側の方の袋の口を一周縫い合わせます。

手作りで幼稚園バッグを作る際の注意と対策

幼稚園によってバッグのサイズの規格を決めてあることがありますので、説明会の時に説明があると思われますが、予め確認するようにしましょう。規定がない場合は、横長にすると子供が持っても引きずる心配がありません。出来上がりサイズが縦30cm、横40cmくらいが目安となります。また、生地については、綿のキルティングの生地が丈夫でほつれにくく望ましいですが、幼稚園によっては、厚くて畳みにくいとの理由で禁止されている場合があります。その際はブロードやシーチング、スケアなどの中薄手の生地を組み合わせ裏付きの2枚仕立てにして、裏側になる部分を重ね縫いすると丈夫な手作りバッグが出来上がります。出来上がりが地味になってしまった場合は、ワッペンをつけるといいでしょう。手縫いのまつり縫いでつける自信がなければ、接着芯が付いているタイプにして、アイロンで熱接着をすると綺麗につけられます。

手縫いで手作りバッグを作る際の注意

ミシンが無くても、十分手縫いで対応できます。キルティングなどの厚手の生地は縫うのが大変な場合がありますが、1針ずつ丁寧に縫えば問題ありません。端のほつれ止めの代わりに、袋縫いにするといいでしょう。最初に外表にして、縫い代の半分ほどの場所を縫い合わせ、中表にひっくり返して、出来上がり線を縫います。布端が内側に隠れるため、ほつれを防ぐことができます。カバン用のテープを三つ折りの部分に挟み込んで縫うには、厚みが出るので針が通りにくいです。カバンテープの両端を、ライターで加熱してほつれを止めることができます。アクリルは熱に弱く、切り口が溶けるためです。焦げない程度に控えめに加熱するとうまくいきます。火を使うので、やけどをしないように気をつけましょう。折り込まずに、そのまま外側に糸を2本取りにして縫い付けると取れにくくなります。

誰でも作れる、手作りの革小物キットも販売しています。 オリジナルデザインの無料ギフトの配送も承っています。 営業時間は、平日の9:30~18:00となっております。 お問い合わせに関しては、電話・メールともに営業時間内のみの対応になります。 革小物は天然素材の自然な風合いを残すため、防水加工はしておりません。 ギフトラッピングは、ブラウンの包装紙、ペーパーバッグのどちらかをお選びいただけます。手作りのバッグも多種多様!ラインナップはこちらから