初心者さんでも簡単手作りのバッグ

お買い物の際に使用するトートバッグやお子様が使用する手提げバッグなどはご家庭でも簡単に手作りできます。初心者の方でも簡単に手作りできるバッグは直線縫いで完成できるデザインのものがおすすめです。ミシンは不慣れな方にとっては少し勇気が必要かもしれませんが、ゆっくりの速度で少しずつ縫い進めて行けばほとんど失敗はないでしょう。手縫いで作るよりも格段にスピードアップできるのでいくつも作ることができるかもしれません。縫い目を綺麗に仕上げることができるか不安という方にはキルティング地など縫い目が目立ちにくい生地を使用することをおすすめします。初心者さんでも出来栄えに満足できるような手作りバッグの作り方をご紹介します。入園準備などの際に挑戦してみましょう。

材料の選び方とミシンの操作法を覚えましょう

手作りバッグを作成する際は、出来上がりの寸法を書き出すか、既成の型紙などを使用すると良いでしょう。はじめての方ならば、材料として使用する生地や糸、さまざまなパーツなどについても表示通りに準備すれば良いので簡単です。完全にオリジナルで作りたいという方は、出来上がりのサイズに対して縫い代分の生地が必要だということを忘れないようにします。生地は余裕を持って購入しておくと安心です。ミシンはいろいろな機能がついていても使用しない場合もあります。最初は直線縫いができればよいという気持ちで使ってみましょう。縫い目は細かく設定しなくても大丈夫です。糸の通し方とスイッチでの操作、返し縫のタイミングなどを不用な布を用いて練習しておくとスムーズに進められるでしょう。

小物を利用して上級者の仕上がりに

バッグは三辺を縫い、持ち手を付けるという考え方で作ることができますが、底面にまちをつくることで物の収納がしやすくなります。まちの作り方は底部の両角を対角線上に縫うだけです。既製品でまちのあるバッグを見てみると仕組みがよくわかります。手作りなのに既製品の商品のように見えたり、おしゃれな仕上がりにするためには小物使いが欠かせません。レースやブレード、チロルテープやボタン、モチーフなどを上手に組み合わせて取り入れることでバッグの表情がぐっとかわります。使う人の好みに合わせて小物を選ぶのも良いでしょう。このような材料は手芸店やネットショップでも購入することができます。材料をもとに新しいアイデアやデザインが思い浮かぶこともあるため仕上がりのイメージがわかないときに見るのもおすすめです。