可愛い手作りバッグの作り方を紹介します

子供の幼稚園の入園準備に必要となるのが、手作りの幼稚園バッグです。手作りしたバッグは親が思う以上に子供に喜ばれ、子供が親の優しさや愛情を感じることが出来ます。連絡帳やお弁当を入れるだけでなく体操服を入れることが出来たり、お昼寝のための寝具を入れたりと色々と重宝します。少し乱暴に扱っても壊れにくく、子供が安心して使い続けることが出来ます。手提げタイプのバッグは特に大きさを指定されていることもあるので、必ず確認してから作るようにします。また小さい子供が持つものなので、手に持ったときに地面につかない大きさにすることも大切です。そこで子供が幼稚園に持って行きたくなる、可愛い手作りのバッグの作り方を紹介します。初心者でも簡単に作ることができ、丈夫で使いやすいバッグです。

手作り幼稚園バッグの作り方のポイント

幼稚園バッグはキルティングで作ることが多く、キルティングなら丈夫で一枚の布でもしっかり仕上がります。ミシンで簡単に縫うこともでき、手先が器用ではない人も簡単に作ることが出来ます。デザインは子供の趣味や好みに合わせて作ってあげて、子供が持ってみたいと思うようなデザインにしてあげることも大切です。キャラクターの布を使う場合には幼稚園側で禁止されていないのかを確認して、子供の好きなキャラクターで作ってあげると喜びます。ただしテレビで放送されているアニメのキャラクターは時間がたつと流行遅れになってしまうこともあるので、長く使うことが出来るデザインやキャラクターを選ぶようにします。男の子のバッグのデザインに迷ったら、乗り物が描かれている布にします。女の子はリボンを使ったデザインや、ピンクや黄色の布を好みます。可愛らしい印象がある布を選ぶようにして、キュートに仕上げることも大切です。

幼稚園バッグの詳しい作り方について

材料はキルティングの布を縦45センチ、横70センチ以上、持ち手となるアクリルテープを80センチ以上用意しておきます。布をカットして、出来上がりが縦30センチ、横40センチになるようにします。縫い代は3センチ取って、余裕を持たせて採寸するようにします。持ち手のアクリルテープは子供の手の長さやデザイン性を考えて、30センチ以上に2本カットしておきます。布をカットしたらほつれるのを防ぐためにも、ミシンで断面にステッチをかけておくようにします。布を中表にして、周辺をジグザグにミシンをかけていきます。アイロンで縫い目を広げるようにして、癖付けをしておきます。袋になるところを三つ折りにしてアイロンをかけて、ピンで固定しておきます。底の両端に三角形を作って、頂点になる部分を縫っていきます。持ち手を待ち針で固定して、裏から縫っていきます。袋になる部分も一周縫って、しっかりとアイロンで形を整えておきます。