手作りバッグの作り方のワンポイントアドバイス

幼稚園の入園に当たり、用意しなければいけないものも数多くあります。多くのお母さんの頭を悩ませるのが手作りの通園バッグではないでしょうか。手作りでなければいけないという幼稚園も減っているようですが、サイズ等には幼稚園ごとの規定があり、既製品では見当たらないということも。もちろん、お子さんの最初の社会生活を応援するためにも手作りのグッズを持たせたい、というお母さんも多いことでしょう。とはいえお裁縫なんてできない、時間がないというお母さんもおおいかもしれません。ぶきっちょさんでも簡単にできる手作り通園バッグの作り方をワンポイントアドバイスを交えながらご紹介します。これさえ押さえておけばお子さんも楽しく幼稚園に通ってくれること間違いなしです。

まずは材料選びが成功への近道です

通園バッグにはまず、本体となる生地、持ち手用の紐が必要になります。また、お子さんの好みで飾りなども用意すると楽しくなります。本体の生地は、幼稚園から配布される通園バッグの大きさの規定に合わせて購入しましょう。縦横の大きさの2倍以上の布が必要になります。キルティングやキャンパス地など厚手で丈夫な生地が向いていますが、厚くなればなるほど扱いは難しくなります。持ち手は幅広の紐テープを使うと簡単です。本体と同じ布で作ることも可能ですが、紐テープのほうが圧倒的に処理が少なくなりますのでお勧めです。材料の購入はぜひお子さんと一緒に行きましょう。お子さんの好みの色やキャラクターの生地を購入すれば、それだけでテンションが上がり気に入って使ってもらえるはずです。

誰でも簡単に世界に一つのオリジナル

お気に入りの生地が決まったらさっそく形を作っていきます。横の長さ+縫い代と縦の長さ2倍+縫い代で生地を裁ちます。なるべく縫う量を減らしたいので底には縫い目が出きないように裁断します。縫い代はきちんとアイロンがけをして折り目を作っておくことがきれいに仕上げるためには必要不可欠です。縫い代を合わせマチ針で止めてからミシンをかけましょう。通園バッグなどはほとんど直線で縫えばいいので初心者でも簡単にできます。もしミシンかけに自信がないならば生地の色に合わせた糸を使い、個性的に見せたいならばアクセントとなる色を使ってみるのもいいでしょう。持ち手を付けたら形になりますが、失敗して目立つ縫い目部分やオリジナリティを出したいときにはリボンやレース、男の子ならばボタンやアップリケなどを付けてあげるとお子さんも喜んでくれるでしょう。