誰にでもできちゃう簡単で可愛い手作りバッグ

子供が幼稚園などに入るとなると、これまでの成長の過程などが頭に浮かび感無量だという方も多いことでしょう。しかし、喜んでばかりもいられません。幼稚園に入るにあたって用意しなければならないものがたくさんあるのです。もちろん購入してくれば良い物であればすぐに準備ができます。しかし、幼稚園の場合持ち物を入れるバッグや袋は家庭で手作りするというところが多くなっています。入園時期が近くなると手芸店などでレシピとともに布地を販売しているところも出てくるので、そういったところを見ながらどういったものを作るかイメージしてみましょう。作成時間はそれほど掛かりませんが、働いているお母さんなどは時間が限られますから、早めに準備をしておくことがポイントとなります。

作り方はシンプルに布地で個性を

バッグの形は他の子供とほとんど同じものになります。基本的にまっすぐ縫うだけなので、手芸経験の少ないお母さんでも簡単に作れます。ミシンを使うことが出来ると強度のあるものができますので、この機会にミシンを購入してみてもよいでしょう。これから小学校などでも同じように手作りの品が必要になることが多くなるので、長く使えます。大きさに合わせて切った布を二つにたたみ、わきを縫えば袋になります。上部を折り返して縫って端の始末をし、持ち手を別に作って付ければ完成です。意外と簡単にできるので、お家で使うバッグなどを子どもの好きなキャラクターの布などで作ってみると、良い練習になりますしお子さんも喜んでくれるはずです。そのうえで問題点を改良し、幼稚園用のものを作っていきましょう。

巾着袋はいくらあっても便利に使える

大きなバッグのほか、歯磨きグッズや上履き、お弁当などを入れる巾着袋もセットで手作りしておきたいものです。巾着袋も基本的には直線縫いで作ることが出来ます。わきを縫うときに上部を少し残し、折り返した時にひもを通す穴ができるように縫っていきます。お子さんが使うものとしてはもちろん、お母さんのポーチやお父さんのお弁当入れなどに使える便利なアイテムです。それぞれ好みの柄の布地を選んで作ってみましょう。いくつも作っているとコツがつかめて簡単に作れるようになります。入れるものの大きさに応じて大きさを変えていくつも作っていきましょう。巾着は紐を絞ると少し小さくなりますので、入れるものより少し大きめに作っておくのがコツです。はじめから大きなものにチャレンジするのが気が引けるという方は、まずはこうした小さなものからチャレンジしてみるのもおすすめです。